お問い合わせ

公益社団法人全国産業資源循環連合会

公益社団法人全国産業資源循環連合会

いんだすと

最新号

『INDUST』2019年11月号 No.385

サーマルリサイクルの意義

 焼却による発電や余熱利用といった熱回収は、廃棄物の中間処理において優先順位が低く、2030年度の温室効果ガス削減目標が2013年度比で26%削減する設定がされて以降、廃棄物処理はさらなる低炭素化が求められている。しかし、適正処理の面からも焼却処理は必要であり、焼却する際は熱回収することが不可欠になってきている。一方、廃プラスチックの国内循環に向けて産業廃棄物処理・資源循環事業者の役割がますます強くなっている。当面、廃プラスチックはマテリアルリサイクルが優先に進められるが、民間の処理施設の整備は追いついていない状況だ。この状況を受け5月20日に環境省が都道府県一般廃棄物担当部局や都道府県・政令市の産業廃棄物担当に一般廃棄物処理施設の活用を促す通知をしているが、廃プラスチックの処理を円滑に進めるには熱回収設備を充実させることも考えなければならないだろう。11月号では、サーマルリサイクルの意義をテーマにエネルギー回収を中心とした熱回収の役割や、コスト削減などの効果の面で解説するとともに、産業廃棄物処理事業者が取り組む事例と、環境省が進める廃棄物熱回収設置認定制度について紹介する。

もっと見る

処理企業の方へ

委託契約書

マニフェスト

マニフェストは正会員(=全国の産業廃棄物協会)でご購入いただけます。

正会員リストはこちら

低炭素社会の実現に向けて~令和・新時代の廃棄物処理~

廃棄物工学研究所では、11月19日大阪府社会福祉会館にて、11月29日江戸東京博物館大ホールにて、低炭素社会の実現に向けて~令和・新時代の廃棄物処理~と題してシンポジウムを開催します。

もっと見る

産業廃棄物処理eラーニング講座

産業廃棄物処理に携わる方を対象にしたe-ラーニング講座のお申し込みを開始しました

もっと見る

行政からのお知らせ

2019/10/18
ボウハン教室_大切な家族を詐欺から守ろう
2019/8/16
8月以降における熱中症予防対策の徹底について
2019/4/18
香港向け液晶モニターの輸出について

廃棄食品が不適正に転売された事案に関わる再発防止廃棄食品が不適正に転売された事案に関わる再発防止

産業廃棄物と環境を考える全国大会産業廃棄物と環境を考える全国大会

てき丸君Newsはこちらてき丸君Newsはこちら