お問い合わせ

公益社団法人全国産業資源循環連合会

公益社団法人全国産業資源循環連合会

人材育成

当連合会では、産業廃棄物の処理に携わる方々に対し、産廃処理の基礎的な知識の習得を目的とした研修会、産業廃棄物処理業を営むために必要とされる安全な処理に関する知識や技術の向上に関する研修会、スキルアップを目指す方の検定試験など、人材育成を目的にした様々なプログラムを開催しています。また、厚生労働省では、産業廃棄物処理業「職業能力評価基準」を策定しています。

【環境省後援】 産業廃棄物処理 実務者研修会 -eラーニング-

この研修会は、「廃棄物処理法を正しく理解し、産業廃棄物処理の基礎を学ぶ」ことを目的としています。
カリキュラムの内容は、産業廃棄物の処理会社にお勤めで、排出事業者様から産業廃棄物を受け取られたり、マニフェストを扱っている方や会社の環境部門等にお勤めで、廃棄物を管理していらっしゃる方などの実務で必要となる知識として、産業廃棄物処理の基礎、委託契約、マニフェスト(産業廃棄物管理票)、帳簿について学びます。ただ動画を視聴するだけではなく音声付スライド講義の後で、簡単なテストや、復習など自分のペースに合わせて学習できる個人学習のeラーニングです。
令和5年2月19日(日)に開催予定の令和4年度産業廃棄物処理検定(廃棄物処理法基礎)を受験される方はこの研修会の受講をおすすめします。



後期(第4期:11/2~11/29、第5期:12/2~12/26、第6期:1/5~1/30)の受講申込は10月3日から開始します。

なお、研修会で用いているテキストを別途販売しております。
産業廃棄物を処理する上で必要な、基本的な項目をコンパクトにまとめたほか、「ポイント」や「コラム」欄を設けて、読みやすい冊子となっています。 是非、ご活用ください。


【環境省後援】 産業廃棄物処理検定(廃棄物処理法基礎)

この検定試験は、日頃から産業廃棄物処理に携わっている排出事業者や処理事業者の従業員の方を主な対象として、廃棄物を適正に処理する上できちんとした知識を備えた人材であることを連合会が評価するものです。合格者には合格証明書カードを発行いたします。試験範囲は、廃棄物の種類、排出事業者責任、委託契約、マニフェスト、帳簿、保管基準、処理基準等に関する法令の基礎です。
受験資格に特段の条件や制限はなく、廃棄物処理業務に携わっていない一般の方でも受験できます。

本検定は環境大臣登録の「人材認定等事業」です(令和4年7月認定)

※「人材認定等事業」登録制度とは、環境教育等促進法第11条に基づき、民間事業者が行う環境保全に関する知識や指導に係る能力を有する者等の認定事業を国が登録する制度です。
環境省ホームページ環境省報道発表資料


令和4年度は、令和5年2月19日(日曜日)に実施を予定しています。
なお、受験申込の受付けは12月1日から開始します。
検定試験に向けての教材として、上記の「産業廃棄物処理実務者研修会 -eラーニング-」および「産業廃棄物処理実務者研修会テキスト」をご利用ください。