いんだすと2013年12月号 No. 314

労働安全衛生対策の総点検

産業廃棄物処理業は火災や爆発など常に危険と隣り合わせであり、他産業と比べ労働災害の発生が高い割合となっています。国や関連機関はこれまで、産廃処理業における安全衛生規程やリスクアセスメントマニュアルを定めるなど、事業者の取り組みを支援、それを基に全国産業資源循環連合会や各都道府県協会を通じて、各社が労働安全衛生対策に取り組んできました。そこで、産廃処理業における労働安全衛生対策を総点検し、課題や今後のあり方などを探ります。

労働安全衛生に関する施策と現状と展望
厚生労働省安全衛生部安全課 小沼 宏治


産廃処理業界の明日を支える防災・減災への取り組み
公益社団法人全国産業資源循環連合会安全衛生委員長 武田 全弘


各都道府県協会の安全衛生活動の取組状況
公益社団法人全国産業資源循環連合会 調査部主査 戒能 伸定


千葉県産業廃棄物協会における安全衛生活動の取り組み
一般社団法人千葉県産業廃棄物協会 事務局長 柴澤 孝一


愛知県産業廃棄物協会における安全衛生活動の取り組み
一般社団法人愛知県産業廃棄物協会 事務局長 大家 健雄


和歌山県産業廃棄物協会における安全衛生活動の取り組み
一般社団法人和歌山県産業廃棄物協会事務局長 西本 治雄


協業組合仙台清掃公社における安全衛生活動の取り組み
協業組合仙台清掃公社総務部総務課長 堀田 信明


テルムにおける安全衛生活動の取り組み  
株式会社テルム総務部総務担当グループ長 小松 進


リマテックにおける安全衛生活動の取り組み
リマテック株式会社大阪工場
大阪業務部業務課CSR推進係長 川原 広幸


バンドウクリエートにおける安全衛生活動の取り組み
バンドウクリエート株式会社 代表取締役 森 政雄