2004年12月号 No. 206

続・産廃判例を読む

産業廃棄物処理をめぐる裁判例は、かなりの数が蓄積されています。それらは、現行法制度の限界を指摘するものであったり、事業のあり方に対して教訓を与えるものであったり、将来の法改正の方向を示唆するものであったりします。03年6月に続き第2弾として産廃関係判例から15本を選んで解説します。

ダイオキシン類を理由に操業差止は認められるか:駒ヶ根市焼却炉事件
川嶋四郎:九州大学法学研究院

   
周辺住民の健康被害のおそれで建設差止請求が認められるか:産業廃棄物処理施設建設差止請求事件  
佐藤鉄男:同志社大学法科大学院

   
ダイオキシン類を理由に操業差止は認められるか:焼却炉事件
原強:上智大学法科大学院

   
文書提出命令はどのような場合にみとめられるか?:産廃処理施設燃焼データ文書提出命令即時抗告事件
田頭章一:上智大学法学部

   
処理業許可の欠格要件:埼玉県産業廃棄物処理業不許可事件
下井康史:新潟大学実務法学研究科

   
暴力団員に該当することを理由とする許可取消:宮城県収集運搬業許可取消処分事件
黒川哲志:早稲田大学社会科学部

   
信義則上許されない不許可処分理由とは何か:和歌山県中間処理施設不許可処分事件
越智敏裕:上智大学法科大学院・弁護士

   
違法委託を理由とする収集運搬業許可取消:宇都宮市許可取消処分事件
田中謙:長崎大学経済学部

   
再委託を理由とする収集運搬業許可取消:福井県許可取消処分事件
阿部鋼:弁護士

   
排出事業者に対する原状回復費用納付命令:西八代郡不法投棄事件
田村泰俊:明治学院大学法科大学院

   
知事への住民補助参加は認められるか:吉永町最終処分場不許可取消事件
村田哲夫:大阪学院大学法学部・弁護士

   
不法投棄事件と「特定の個人が識別される情報」:最終処分場情報公開事件
佐伯彰洋:同志社大学法学部

   
林道管理条例にもとづく産業廃棄物搬入阻止策の適法性:美山町林道使用差止事件
西鳥羽和明:早稲田大学法科大学院

   
事業範囲変更許可はどのような場合に必要か:事業内容無許可変更事件
福士明:札幌大学法学部

   
不要物としての「木くず」:産業廃棄物の概念
長井圓:横浜国立大学大学院国際社会科学研究科