いんだすと2017年8月号 No. 358

産廃判例を学ぶ

 裁判所は、判決を通し手、一つの法的解釈を提示します。もとより個別事件の処理のためにものであるけれども、その内容は、同種事案を抱える処理業者にとっても参考となるし、法改正のヒントを提供している場合もあります。  前回の裁判例特集は、30巻4号(2015年)で行いました。今回は、それ以降に下された廃棄物処理法に関する重要な判決15件をとりあげ、紹介・解説します。一般廃棄物に関する法適用をめぐる事件もありますが、産業廃棄物処理とも共通する論点を含んでいるために収録しています。(「特集にあたって」上智大学法学部教授 北村 喜宣氏より抜粋)

※それぞれの特集見出しをクリックすると詳細が開きます