いんだすと2017年4月号 No. 354

廃棄物処理法 点検・見直しの評価

昨年5月にキックオフした廃棄物処理法の見直し。同年内に結論を見、今年1月、取りまとめが行われました。適正処理推進、優良業者育成、処理業における温暖化対策、越境廃棄物対策――。当初、事務局が提示した叩き台に様々な論点がつけ加わり、議論が過熱。よりよい制度を目指す関係者の狙いと思いが交錯した検討を経て、打ち出された結論に関係者はどのような評価を下すのでしょうか。示された多くの論点が指し示す業界のトレンドと、そこから浮かび上がる次世代の処理制度のあり方を占います。