いんだすと2017年2月号 No. 352

センシング・人工知能・ロボティクスと廃棄物

 産業界が第4次産業革命の訪れに期待を掛ける。センシング機器が発達し、インターネットとモノの連携、いわゆるIoT化が全社会的に加速。それら情報化社会の展開を通じて生み出されるビッグデータの分析と活用に、人工知能の高度化が寄与している。そうして、現実世界に還元され、適用された意味のある情報が、いまや、あらゆる産業活動や市民生活、社会インフラに対して、再合理化を要請している。「人工知能が仕事を奪う」...? では、産業廃棄物処理業界は...? さらなる将来、社会はロボディクスによる自動化と、自動化された社会それ自身の情報化・合理化――つまり、もう一つの"循環型社会"とも呼べる「データ駆動型社会」が訪れるとも言われるが、その廃棄物処理業における真価とはいったい?

※それぞれの特集見出しをクリックすると詳細が開きます